REASON-選ばれる理由

こだわりの天幕

さくらコーポレーションの主力商品「かんたんてんと®」には、スタッフの徹底したこだわりが随所に見られます。
天幕もそのこだわりの一つです。


生地

かんたんてんと®はあくまでも業務用・プロ用のワンタッチテントとして設計されています。
お客様の大事なイベントやセールスプロモーション、また防災対策の災害対策本部や救護所など、使用頻度や求められる品質・機能はパーソナルユース向けのものとは比べものにならない程度が求められます。

せっかくワンタッチ構造のフレームを有しているのに、「重い」「堅い」「伸縮性がない」生地を使用していればば宝の持ち腐れになってしまいます。
そこで天幕素材には丈夫さと軽量さを考慮し、ポリエステル500Dを使用しています。
1D(デニール)とは、9000mの長さで1kgの重さの糸の事で、数値が大きくなるほど糸が太くなります。

一般的なアウトドアタープやホームセンターで売られているものは70デニールや150デニールが多く、大型の業務用ものでもターポリン<「重い」「堅い」「伸縮性がない」生地>を使用しているものも見受けられます。
かんたんてんと®の選んだポリエステル500Dは軽量さと丈夫さのバランスがもっとも優れたワンタッチテント向けの生地なのです。

生地


防水機能

防水機能

勿論、軽量・丈夫さだけではございません。
日本は世界の平均年間降水量の約2倍の雨が降る雨の多い国です。
日程変更のきかないセールスプロモーションやスポーツイベント、防災訓練中の突然の雨など…
そんな時でも、快適に過ごせるように、天幕表面には高い撥水・UVカット加工、裏面に防水コーティング加工と縫製箇所にはシーリングテープをかんたんてんと®は採用しています。
また、UVカット加工は生地を日差しによる傷み色落ちを軽減する意味合いも込めております。


防炎機能

例えばガソリンスタンドでのタイヤの販促イベントにテントを使用する時に、必ず求められる性能は「(公財)日本防炎協会の認定をうけた防炎製品」であることです。
他社製品では、防炎加工とうたいながら日本防炎協会の認定をとっていない商品が見受けられます。
見た目は似ていても、性能と信頼性は同じではありません。
弊社では認定の更新とは別に、年1回必ず防炎協会の防炎性能試験を実施し、防炎性能の検査を行います。
防炎性能をうたいながら生地が燃え広がった…ではシャレにならないので。

防炎機能


UV対策

UV対策

かんたんてんと®は勿論、日除けとしても利用されます。
真夏のサッカー大会、運動会など少しでも涼を求めて日陰を探したくなるものです。
日焼けを気にする女性や肌の弱い幼児の利用を考えて紫外線対策も考慮し、UVカット加工を施すことでUVカット率99%以上、遮光率95%以上を実現していますので、安心してお使用いただけます。

細部にこだわったフレーム構造

従来のパイプテントの問題のひとつが、組み立ての面倒さでした。
フレームがバラバラのため、どのパーツを組み合わせるのかなど、慣れていなければ大変時間のかかる作業でした。
そんなパイプテントの煩わしさを解消したのが、かんたんてんと®。
誰でも、カンタンに、スピーディーに組み立てられるフレームにするため、取扱説明書を読まなくても直感的に扱える一体型フレーム構造を採用し、柱を持ってパッと広げるだけで出来上がるワンタッチ方式を実現しました。
そんな一体型のフレーム構造の中でも、かんたんてんと®独自のこだわり機能がたくさん散りばめられています。


柱フレーム

まず、フレームの柱部分は全てのタイプでアルミを使用しております。
ワンタッチ方式でフレームを開閉する場合、スライダーと言われる部材が柱フレームを上下するかたちで開閉します。
また、雨の中でご使用の場合、一番濡れる箇所は柱フレームです。
そんな重要なパーツが、スチール素材だったらどうなるでしょうか?
設営・撤去時のスライドの擦れで塗装が剥げ、錆が発生する可能性が高くなります。
錆びが発生するとスライダーの上下がしにくくなり、せっかくのワンタッチ構造が機能しなくなります。
そんな理由からかんたんてんと®では柱はアルミを採用しております。

柱フレーム

柱フレーム

しかしスチールの方が強度があるんじゃないの?と言うお声を頂戴することがございますが、かんたんてんと®では、柱の太さ、厚みを増し、さらに一番負荷のかかる柱上部には、補強パイプを入れ2重構造としております。

※1 従来のスチールフレームと同等以上の強度を実現致しました。

また、かんたんてんと®は従来のパイプテントに比べて、重量は約半分くらいの軽量化を実現しておりますが、それでも3m×6mサイズのフレームは重量が約45kg程度ございます。
そんなフレームを運ぶ時に柱フレームが角張っていたらどうでしょうか?
重量があり力が入る分、手に食い込んで痛く、長時間持つことは不可能です。
かんたんてんと®では手に負担がかからないように角をとったソフトエッジ加工を施した、ユニバーサルデザインを採用しております。
細かいことですが、少しでも快適にご使用いただきたいと願うかんたんてんと®のこだわりです。

柱フレーム


桁フレーム

桁フレーム

従来型製品のトラスバーは、上下からの荷重に強く、横荷重に弱い長方形型をしています。
しかし、実際の設営時に受ける荷重は上下からの荷重よりも風等による横荷重の方が圧倒的に大きく、また、斜面からの風によるトラスバーのクロス部分と接合部のねじれが、テント全体の揺れ、軋みを起こします。
弊社ではトラスバーの断面を正方形形状にするとともに、各部のジョイントパーツの強化、大型化を図り、この障害を解消し、ねじれ、曲がりに非常に強いフレームを完成させました。
また、オールアルミフレームのトラスバー内部には凹凸加工が施され、抜群の強度を誇ります。
スチールのトラスバーではパイプ内側からの錆びによる腐食を防ぐため、表面からは見えない内側も防錆加工を施しており、耐久性の向上に努めております。


高さ調整部材

さらに、かんたんてんと®がこだわったパーツが、フレームの高さを調整する箇所の操作性です。
従来型製品のボタン式の場合、手をはさむ危険性があり、安全性に問題がありました。
そこで、採用したのがロックレバー方式です。
このパーツの採用により、柱を持ちながら片手で操作でき、手をはさむ危険性も解消され誰でも扱いやすくなりました。
誤動作を防ぐためロック機能を追加し、より安全にご使用いただけるようになりました。

高さ調整部材

多彩な文字入れ方法

テント屋根は高く大きく遠くから眺めても目立ちやすい絶好の広告媒体となります。
この部分に文字やロゴ・キャラクターを入れることで、イベントを盛り上げるのはもちろん、キャンペーンやセールスプロモーションで多大な宣伝効果をもあげてくれることでしょう。


カッティングシート

カッティングシート

基本的な文字、ロゴはほとんどこのカッティングシートを張り付ける方式になります。
カッティングシートはパソコン上でデザインするため、細部までデータを再現することが出来、従来の手書きによる滲みや、はみ出しが無く綺麗に仕上がります。
また、シート上にインクジェット印刷を施すことでカッティングシートの枠を超えご要望カラーでの製作やフルカラーでの製作も対応可能になります。

ですがシートの貼り付けではすぐに剥がれてしまうのでは?
いえいえ、ご安心ください。
弊社では通常貼り付けるだけのシートに熱圧着プレスをかけることで剥がれにくさを実現しました。
熱をかけシートを痛めずにしっかり圧着する、細やかな技術があってこそ。
お客様に長くご使用いただくための弊社のこだわりです。

カッティングシート

カッティングシート

カッティングシート

カッティングシート


生地に直接インクジェット印刷

『大きくてオリジナリティーのあるデザインにしたい』『テント自体に模様をつけたい』『テントカラー以外のイメージカラーのテントにしたい』など等カッティングシートでは対応出来ない場合などにこの方法を用います。
テントになる前の生地の段階で直接インクジェット印刷(もちろんフルカラーに対応)を施し、出来た生地でテントを作成していきます。
通常他社では海外製作になる場合もあり、膨大な日数がかかりますが、弊社では国内ですべての作業を行うため安心のクオリティーとスピーディーな対応が可能です。

生地に直接インクジェット印刷

生地に直接インクジェット印刷

生地に直接インクジェット印刷

生地に直接インクジェット印刷

生地に直接インクジェット印刷


シルク印刷

シルク印刷

上記以外にも弊社の文字入れ加工は種類豊富でシルク印刷も行えます。
オリジナルデザイン大量数でのご注文の場合は是非シルク印刷をご使用ください、
印刷の版をあらかじめ製作し、その版でスタンプの様に印刷していきます。

版を製作するのは高価ですが製作数が多い程、他の方法に比べ安価に仕上がります。
このような用途に合った製作法が選べるのも弊社ならではです。

シルク印刷

テント専門メーカーだから出来るサービス

かんたんてんと®をご使用いただく中で用途に応じて様々なご要望があるかと思います。
そんな声にもお答え出来るのはテント専門メーカーだからこそ。
『こんなのは無理だろうな』と言うような事も是非ご相談下さい。


テントの特注加工

天幕においては通常のカラーバリエーションの他に、様々な色の組み合わせでの製作も出来たりポリエステル500Dの他にも様々な生地での製作が可能です。

テントの特注加工

テントの特注加工

たとえば日除けとしてご使用いただけるメッシュテント、耐候性に優れたターポリン生地での製作、生地だけでなく、横幕にファスナーを取付けることにより出入口や窓を設けたりすることでテント内の空間を快適に、はたまた天幕・横幕の一体型で簡易ブースなど仕様自体の変更も可能です。


フレームの特注加工

弊社ではお客様のご仕様に合わせ多彩なサイズ展開を行っております。
通常はそこからお選びいただく形になりますが、ご希望の用途によっては『もう少し大きく・小さく…』又は『この中間のサイズ!』と言ったご希望にもご対応出来るように、かんたんてんと®ならOEM製作によりご希望のサイズを一から製作可能です。
お客様の声の数が弊社の商品数となるのです。

フレームの特注加工

より快適で安全に 充実のサポート

かんたんてんと®にとって最重要にしている点は何と言っても《安全しかも使いやすい》です。
安全であっても扱いにくければ意味がない、扱いやすくても安全でなければしょうがない。
《安全》と《扱いやすさ》の二つを兼ね備えてこそのかんたんてんと®です。


よりフレキシブルに

よりフレキシブルに

かんたんてんと®は文字入れ加工をいただく事で圧倒的な宣伝効果を持ちますが、更に併用いただく事でインパクト絶大なのが『かんたんバナー』と『サイドバー・ショート横幕セット』。
店舗用や販促キャンペーンなどかんたんてんと®とのキュートなビジュアルが大注目になることは間違いありません。


充実の対策用品

かんたんてんと®のみならずテント最大の天敵と言って良いのが天候です。
いかにかんたんてんと®が丈夫であると言っても、風や雨からはテントを守っていただく必要があります。
そのため弊社では十分に対策をおこなっていただける様、あらゆる場所を想定してご使用いただけるオプション品をご用意致しました。

加重用品では、場所を選ばない加重プレートには10kg・20kgの2種類を、また持ち運びに便利なウエイトバッグは砂・水兼用でご使用いただける3種類。その他にも従来からの砂袋までございます。

充実の対策用品

充実の対策用品

またご使用になられると必ず起こるのがテントの劣化。
生地にたわみが出来、雨がたまりやすく非常に危険です。
買い替えていただいても結構ですがご愛用のテントやっぱり長くご使用いただきたい。
そんな際はテントの張りを補助するレインサポートベルト等など、安心してお使いいただくためご用意致しました。


サポートパーツ

近年では竜巻やゲリラ豪雨など突発的に起こりうる自然災害が年々増えつつあります。
いくら雨風対策と強度があっても、またどんなに大切にご使用いただいても自然の猛威に人の手で作られた物はかないません。
部分的な破損や倒壊する場合もございます。
そんな際でもかんたんてんと®はボルト一本から供給させていただく事が出来ます。
部材の供給はもちろん弊社でのご修理も承る安心のサポートを提供致します。
それももちろんお客様のため、更にはかんたんてんと®のためなのです。

サポートパーツ

Copyright © SAKURA CORPORATION Co., Ltd. All Rights Reserved.

PAGE TOP